Index

よくあるご質問(FAQ)

当サービスについて

ふるなびとは何ですか?

ふるなび(ふるさと納税専門サイト「ふるなび」)は、ふるさと納税を盛り上げ、頑張る地方を応援することを目的に、2014年7月より運営を開始したふるさと納税専門サイトです。

ふるなびグルメポイントとは何ですか?

ふるさと納税専門サイト「ふるなび」から派生し、2016年7月より運営を開始したふるさと納税関連サービスです。
ふるなび上で対象自治体にふるさと納税の寄附を行っていただくことで、寄附金額の半額分のふるなびグルメポイントが貯まるサービスです。
ポイントは、自治体とゆかりのある提携レストランにてお食事にご利用いただけます。
ふるさと納税を通じて、自治体の誇る名産品をもっと身近にお楽しみ下さい。

※ふるなびグルメポイントの寄附お申し込みは、インターネット(パソコン・スマートフォン)よりクレジットカード決済のみとなります。

※貯まったポイントは、ふるなびグルメポイント提携レストランにて1ポイント=1円(税込み)としてご利用いただけます。

ふるなびグルメポイントは通常のふるさと納税のように税金控除の対象になりますか?

はい、控除の対象となります。
ふるなびグルメポイントは、通常のふるさと納税で自治体からもらえる特産品・返礼品と同様に、自治体と正式に契約を交わしたふるさと納税に対する返礼品です。ふるさと納税の一つの選択肢として安心してご利用下さい。

どうしたらポイントが貯まりますか?
  1. ふるなびグルメポイントふるさと納税を希望する自治体を選択して下さい

    各提携レストランの詳細ページにて、「ふるさと納税でポイントを入手」のボタンをクリックし、表示先の「ポイント対応自治体」より寄附先の自治体を選択して下さい。ふるなびへリンクします。

  2. ふるなびふるなびにてふるさと納税を行って下さい

    対象自治体にて、希望特産品に「ふるなびグルメポイント」が選択されていることをご確認の上で寄附を行って下さい。寄附金額の半額分のポイントが付与されます。

    ※ふるなびグルメポイントの寄附お申し込みは、インターネット(パソコン・スマートフォン)からのクレジットカード決済のみとなります。

ポイントはどのように利用するのですか?
  1. 1店舗の「ふるさと納税でポイントを入手」ボタンより、対象のふるなびグルメポイントに寄附が可能な自治体を選択し、ふるさと納税(寄附)を行ってください。

  2. 2希望されるレストランに直接お電話にてご予約下さい。「ふるなびグルメポイントを使う」とお伝えいただくとスムーズです。

    ※ふるなびグルメポイントでお食事可能な料理は「ふるなびグルメポイント」サイト上記載のコース料理のみとなります。ご予約の際に、コース詳細については各レストランにお問い合わせ下さい。

  3. 3ご予約された店舗の「ふるなびポイントの利用申請」ボタンをクリックし、表示先のフォームよりご予約の内容にてポイントの利用申請を行って下さい。

  4. 4ご予約当日にご来店いただき、お食事をお楽しみ下さい。ご利用申請されたポイント分がお食事の代金より差し引かれます。

詳細はご利用ガイドにてご確認下さい。

ポイントの状況はどこで確認できますか?

ログイン後、マイページにて、現在の保有ポイント、ポイントの付与履歴、利用申請履歴などがご確認いただけます。

グルメポイントを入手した後、寄附自体をキャンセルする事は可能ですか?

原則としてふるさと納税(寄附)後のキャンセルをする事はできません。
どうしても何らかの理由でキャンセルが必要な場合は、直接寄附先の自治体窓口へご相談ください。

グルメポイントの利用申請を完了した後、キャンセルをするにはどうしたら良いでしょうか?

ご予約いただきました店舗様に、ご来店日の前日までにキャンセル連絡を行ったのち、ふるなびグルメポイントへお電話もしくは問い合わせフォームよりキャンセルのご連絡を行ってください。
原則として、店舗様へのキャンセル連絡がない場合、ポイントは失効されます。

<ポイントのキャンセルについて>
店舗様への来店予約キャンセルのご連絡が終了次第、ふるなびグルメポイントへお電話もしくは問い合わせフォームよりキャンセルのご連絡を行ってください。
【条件】ご来店日の前日までに店舗へキャンセル連絡済みである事
【期限】ご来店日の前日まで

※店舗へのキャンセル連絡がない場合、ポイント取り消し処理はできません。
※期限を過ぎた場合、ポイントは失効されます。

ふるさと納税について

ふるさと納税制度とはどんな制度ですか?

ふるさと納税制度は、2008年に「地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての格差是正を推進するための新構想」として創設された制度です。
ふるさと納税とは任意の自治体へ行うの寄附金のことであり、個人が2,000円を超えるふるさと納税(寄附)を行った際は、原則として所得税・個人住民税から一定の上限まで寄附金額が控除されます。
また、自治体によっては寄附のお礼として特産品や返礼品・特典を用意していることもあります。

ふるさと納税の「ふるさと」は生まれた故郷のことですか?

いいえ、ふるさと納税で寄附を行う自治体は故郷である必要はありません。
寄附先の自治体は寄附者が自由に選ぶことができます。また、複数の自治体に寄附を行うことも可能です。

ふるさと納税した寄附金は、全額が税金から控除されますか?

いいえ、全額は控除されません。
寄附金控除には適用下限額(2,000円)があります。また、地方自治体への寄附の場合、特例の控除は個人住民税所得割の1割までという制限があります。
控除金額の目安については、ふるさと納税で税金控除になる金額についてをご参考ください。

現住所の自治体へふるさと納税の寄附は可能ですか?

自治体によっては、ふるさと納税の寄附は受け付けていても、お礼の品は送ることができないなどといった規定があります。
各自治体で対応が異なりますので、現在お住まいの自治体へお問い合わせいただくことをお勧め致します。

実際に税金が控除されるのはいつですか?

ふるさと納税を行った翌年の6月以降に控除されます。
例えば、2015年中(1月1日~12月31日)の寄附金は、住民税の場合、2016年6月以降に納める2015年分の住民税について税額より軽減されます。
所得税の場合、2015年の所得税が軽減されます。所得税は直接銀行などの指定した口座に控除分が振り込まれます。
寄附金の税額控除は、翌年度分の住民税と当該年の所得税がそれぞれ控除されることになります。

寄附を申込みを行う人間と、決済するクレジットカードの名義が異なっていても大丈夫ですか?

いいえ、寄附申込者とその寄附のクレジットカード決済者は同一でなければ「寄附金税額控除申告書」は有効となりません。
寄附控除を受ける方と決済をする方は同一である必要がありますのでご注意ください。